ラーメン¥500@精養軒

2012.10.09
20121009_113206.jpg
精養軒
住所 〒327-0028 栃木県佐野市万町 693
電話番号 0283-22-0450
営業時間 11:00〜20:00
定休日 木曜日
席数 25席


本日、朝一で耳鼻科を訪問。
かなりの混雑で、思いかけず時間が掛かり、時間は11時過ぎ。午後1時から仕事もある為、昼食に割ける時間はごく僅か^^;
連食をしたい気分だったので、短時間で2軒回る為に、軒数の多い佐野に向かうことに。

1軒目は歴史ある(昭和初期創業?)コチラへ。
駅のからほど近く、気持ち狭めな駐車場。趣ある店構えや、オリジナルデザインの暖簾等は、店が重ねて来た歳月を思い起こさせます。

20121009_114004.jpg
11:35入店、調理を見渡せるカウンター席や、畳敷きの座敷席など、いかにも街の中華食堂な造り。先客は3組5名、皆さん常連さんの様子。

20121009_113446.jpg
御家族でしょうか、3名の方で切り盛りされています。


20121009_113438.jpg
カウンター席に陣取り、メニューに目を通します。こちらの名物“野菜めん”が気になりましたが、餡掛けは連食に不向きと思い、デフォの“ラーメン”を、“お冷”を配膳して下さった女将さんにオーダー。
厨房を覗くと、若旦那(息子さん?)が炒め物担当、大将(店主さん?)は麺茹で担当。大将は、麺箱から取り出した麺を、調理台の上で軽く揉んでから、大鍋に投入しています。茹で揚げ時の平ザルのリズミカルさと軽やかさは、さすが熟練の技。


後客が2名来店された8分程でラーメン配膳。
20121009_114133.jpg
ラーメン¥500
オォ~! かなり醤油色濃いスープに、太くてやや茶色(黄土色?)掛かった麺。しかも、薬味には、長ネギでなく玉ねぎ!? 何じゃこりゃ? “八王子ラーメン”リスペクト?


とにもかくにも、先ずは色濃いスープから。
20121009_114312.jpg
ズズズズズ~~。ン!? 鰹節? かなり煮出たされているのか、特有の香りはないものの少し尖ったような旨味はまさに鰹。動物系は豚と鶏ガラが使用されているようですが、かなり前面に鶏を感じます。表面に浮かぶ大きめの油の輪は、鶏から来るものでしょうか? 色が濃い分、この近辺のラーメンよりは、しっかりとしたコクと、カエシのはっきりした存在感を感じます。そして、ベースにしっかりと課長w 鰹節の強さと相まって、少し口内が痛くなるくらいの後味。
この辺りではかなり珍しいスープ。この店だけがガラパゴス状態だったのでしょうか?


お次は、縮れた平打ち太麺を。
20121009_114254.jpg
ゾゾゾゾゾ~。オ~~、モッチモチw 周辺のピロピロ麺とは一線を画す、非常に力強さを感じさせるもの。ヌ~ッとした重たい歯触りに、ムニュとした硬めな歯応え。低加水・長熟成なのでしょうか? 印象としては“藤岡ラーメン”に、近いものを感じます。
そして、カンスイの関係なのか? 独特な色。自家製の灰汁でも使っているのでしょうか?
まさにガラパゴスw


具には、メンマ、チャーシュー、海苔。薬味の玉ねぎ。

20121009_114236.jpg
極細のメンマは、コリコリとした歯触り。甘めな味付けが個人的には好印象。

20121009_114248.jpg
肉厚のロース使用のチャーシューは、程好い噛み応え。じんわりとした深い味わい。

20121009_114736.jpg
玉ねぎは、清涼感と甘味の両者を演出。スープが少しキツメなので、とても良い存在に。もう少し、量があってもいいような。


ビックリです。佐野駅のそばの歴史ある一軒で、“佐野ラーメン”のイメージ(勝手なものですが)とは全く違ったものを提供するとは。いや~~、嬉しい驚きヽ(=´▽`=)ノ


さて、2杯目を目指し隣の末広に赴くと閉店休業状態。少し離れた来々軒も開店休業。車に乗り、新店のらーめん処 匡に向かうも何故か休業中。ちょっと戻るかたちで広来軒へ、しかしコチラも閉店休業中。
時間切れで、そのまま午後の仕事へ。2杯目を食べられない悔しさよりも、このような異常な休業状態に、非常に残念な気持ちに…。
しかし、新しい店の進出も始まっています!!!
20121009_112315.jpg
期待しておりますm(_ _"m)ペコリ



栃木県佐野市万町 693



スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます

佐野の中心にありながら、なぜか佐野ラーメンらしくない記憶がありました。
そして、ものすごく待たされた記憶も・・・

佐野は、ネットには載りませんが、こんな古きよきお店も残っている模様です(^^)

Re:タカサキサイレンスさん

コメントありがとうございます。
決して美味しい一杯ではないのですが、佐野らしくないところに、変に惹かれてしまいました。

こんな老舗が存在することを全く知らず、己の研究不足を、深く反省させられる一軒でした。
プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR