カレーラーメン¥700@中華料理 青木屋

2012.02.20
DSC02202.jpg
中華料理 青木屋
住所 〒327-0104 栃木県佐野市赤見町1219
電話番号 0283-25-0407
営業時間 11:00~14:00 17:00~20:00(状況により早じまい有り)
定休日 水曜日
喫煙 可
アクセス 県道175号線 赤見小学校入口信号南交差点南東
駐車場 あり



カレーラーメン研究会のランディです。

吉野食堂を後にして、此方も近所の中華料理 青木屋 へ向かうことに。
12:14、店舗前に到着すると、駐車場はほぼ満車。空いていた少し離れた所に車を停め入店。先客は10名以上で、かなりの賑わい。サラリーマン以外にも、ご近所の方でしょうか、佐野弁の方も多く見られます。
おおお、女性定員さんには、ふくよかなかたも♪


テーブル席に腰を下ろし、店内を見回すと『佐野純ラーメン』なる幟w 『純手打』ではないのですね^^;
DSC02203.jpg
メニューに目を通すと“カレーラーメン”を発見。手打ち(たぶん)とカレーのコラボを期待し、迷わずソチラをオーダー。


厨房が見えない作りなので、テレビを眺めながら待つこと11分、ナミナミとスープを湛えた“ルーOn the 系”の一杯が登場。
DSC02206.jpg
ベースの量に対して、ルーが足りなそう…。

先ずは、ベースのスープから。
ジュルルルル~。あ…、塩分以外全てが薄い…。
旨味・コク共に薄い。カエシの量が少ないのでしょうか、カレーの塩分を考慮しての分配か? しかし、かなり物足りないスープ。動物系は豚ガラと鶏ガラでしょうか、風味はカレーに浸食され、判別はほぼ不可能。


では、ルーをよく混ぜてから。
DSC02212.jpg
ジュルルル~~。ン…、やはりスープが多すぎで、カレールーが足りない…。
ルー自体は、甘さ控えめで柔らかい辛さ。独自の濃厚さは、食堂系よりも喫茶店系(?)に近い印象。ブイヨン等が用いられているのか洋風なコク。スライス豚バラ・タマネギはタップリ投入されていて、ボリュームや食感もかなり満足。まるで“肉ソバ”ライクw しかし、ベースのスープが多過ぎ! 完全に味のバランスが崩れているようです。ん…、残念^^;


お次は、白く輝くやや太めの手打ち麺を。ウェーブは無く、やや幅広なタイプ
DSC02210.jpg
ズズズズズ~~。オオオオ、フワモチ♪ フワフワした優しい歯触りに、シットリしたモッチリ感。旨いな~~。嫌に幅が揃っているので『手打ち風』かもしれませんが、それにもましてウンマイ麺。
ん~~、バランスの良いカレースープで頂きたかったところ。次回はデフォでしょうか?


具には、グリーンピースのみw いいね~~緑が映えるね~~。ハイカラさを感じてしまうのは、私が年齢を重ね過ぎたからか?
カレーとネギの相性の良さに最近嵌っているので、ほんの少しでも“刻みネギ”の欲しいところ。


個々は良いのに、まとまると…。改めて“カレーラーメン”の難しさを勉強させられる一杯でした。
て言うか、この麺での“チャーシュー冷し”は、かなり期待できそうwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは

いい感じですね。
ダシとカレーが融合してないのは、桐生の五十番みたいです(^^)

>タカサキサイレンスさん

コメントありがとうございます。
桐生の五十番は未訪なので、是非とも訪問してみたい一軒です。
ちなみに、足利の五十番は、いまもなを、閉店した店舗跡のみが残っております。


プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR