らーめん¥600@らーめん処 匡

2013.01.20
20130120_130132.jpg
らーめん処 匡
住所 栃木県佐野市大橋町3236-8 ヴィルボヌール 101
電話番号 0283-21-0340
営業時間 11:30~14:00/17:30~22:30
定休日 月曜



またまたまた、佐野市の新店ですm(_ _"m)ペコリ
以前、らーめん源があった場所に昨年の9月頃オープン。
本当に新店の多い佐野市、隣市としては羨ましい限りですm(_ _"m)ペコリ



店前に到着すると、未だに厄除けの方々で賑わう界隈。流石、佐野厄除け大師w
13:07入店、先客は一名。
20130120_130240.jpg
狭いながらに、カウンター、テーブル、座敷がバランス良く配置されています。
御夫婦でしょうか、若いお二人で店は切り盛り。


20130120_130236.jpg
座敷席に陣取り、メニューに目を通すと、醤油ラーメンのみのシンプルな構成。
20130120_130314.jpg



しかし、壁の限定メニューに、“カレーらーめん”を発見♪
喜んでそちらをオーダーすると、遅い時間の為か“品切れ”とのことm(_ _"m)ペコリ
少しへこみながら、デフォをオーダー。




7名の団体客が来店され、店内は賑やかに。ちょっと時間が掛かって10分でラーメン登場。
20130120_131709.jpg
らーめん¥600
かなりベーシックな内容、丼は少しお洒落な容姿。
20130120_132518.jpg



先ずは、鶏ガラ香る琥珀色のスープから。細かい油の輪も確認できます。
20130120_131734.jpg
ジュルルルル~。ウムw やや豚のコックリ感ある、カエシの風味も感じるスープ。ベースは鶏ガラ・豚ガラ・野菜類の様子。オイリー感は皆無で、動物感を上げるのではなく、カエシで味の締りを演出している模様。
飛び抜けた美味しさはないものの、十分満足できる味わい。



お次は、やや細めの手打ちの様な麺を。
20130120_131829.jpg
ゾゾゾゾゾ~。ウムw ツルツルした啜り心地に、しっかりしたモチモチ感。手打ち特有のフワフワした歯触りはなく、高加水、長熟成タイプの模様。
きちんと揃えられた幅や、店内に麺打ち場がないところなど、製麺所製の麺でしょうか? すみません判別不能ですm(_ _"m)ペコリ



具には、チャーシュー、メンマ、ナルト。薬味のネギ。
20130120_131807.jpg
余分な脂身を取り除いたバラ肉チャーシューは、ホロホロした歯触りに、モチモチした歯応え。極力控え目の味付けで、肉本来の旨味を十分に感じられます。
20130120_131744.jpg
やや大ぶりのメンマは、柔らかめの仕上がり。こちらも味付けは控え目なもの。
20130120_131756.jpg
彩りを添えるナルト。
刻み葱のカットが少し厚いためか、スープとの相性がもう少し。



新店ですが、かなり安定感のある一杯。
帰り際、店主さんの修業先を確認しようと思ったのですが、フロア担当の奥様の笑顔の前に、たじろぐラヲタ…。



次回は、必ずや“カレーラーメン”をヽ(=´▽`=)ノ




栃木県佐野市大橋町3236-8 ヴィルボヌール 101
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR