夕顔ラーメン¥600@長栄軒

2012.02.28
DSC02250.jpg
長栄軒
住所 〒328-0045 栃木県栃木市湊町13-16
電話番号 0282-22-1114
営業時間 11:00 ~ 20:00
定休日 月曜日
席数 カウンター5席 テーブル10席(3卓) 座敷8席(2卓)
最寄り駅 両毛線「栃木駅」


“夕顔ラーメン”。栃木県栃木市の町興し型 無理矢理ご当地ラーメン。
“珍&無理矢理ご当地”GETの為、遥々栃木市へ。“夕顔ラーメン”提供店の中でも、比較的老舗の長栄軒へ。



市営駐車場に車を停め、蔵の街散策をしながら店舗に向かいます。
DSC02249.jpg
ほぼ全滅状態の“尊氏ラーメン”や“原人ラーメン”に比べれば、なんと幸せなことかw
昔、母の実家がこの辺りだったので、非常に懐かしい風景。狭い路地を抜けると、目の前に巴波川が表れ、視界が急に広がります。対岸の橋のたもとに、長栄軒の建物。ゆったりした川の流れを眺めながら、いつもよりゆっくりとした歩調でお店へ。


12:50入店。
DSC02252.jpg
おおお、川側の壁には、大きな窓。巴波川の趣きある風景を一望できる抜群のロケーション。歴史を感じさせる内装のフロアに、昔からの常連さんでしょうか、先客は2名。


温かいお茶を運んでくださった、接客担当の奥様にオーダーを告げ、窓からの風景を眺めること3分、懐かしいごま油の薫りを漂わせた、濃い醤油色の一杯が登場。
DSC02254.jpg
夕顔ラーメン¥600


先ずは細かい油の輪を浮かべたスープから。
DSC02261.jpg
ジュルルルルル~~。オオオ、何ともノスタな中華食堂系スープ♪ 香ばしい醤油とごま油の風味が前面に来ますが、しょっぱさや油濃さは無し。ベースは鶏ガラが強めで、口内にまとわり付くようなコクが存在。胡椒も効いていて、しっかりした辛さが全体の味を引き締めます。旨味はそれほど強くないものの、昔何処かで頂いた様な何とも郷愁溢れる味わい。


お次は、メインの干瓢麺を。手打ちライクに作られた平打ち麺は、濃い黄色を帯びています。スープの濃さが移ったのか、それともコレが夕顔の色なのか。
DSC02257.jpg
ゾゾゾゾゾゾ~~。ん…、ややポソっとした歯触りに、優しいモッチリ感。あまりコシの無い手打ちライク。普通の手打ち風より若干加水が低いのか、スープの吸い上げは中々なもの。微かに感じる臭みが、干瓢から来るものなのか? 知っている人しか知らないのですが、剥き干瓢を干したときの、あの独特の臭いが、ほんの僅かしているような、しないようなw
いったい何処が夕顔なの!?
この中途半端な主張が、“珍コレ”としては微妙に嬉しいところ^^


具には、メンマ、ほうれん草、チャーシュー、ナルト、海苔と彩り華やか。薬味には刻みネギ。
DSC02258.jpg
メンマは柔らかめですが、それほど味付け・風味の濃くないもの。スープが濃いのでそう感じるのか?
DSC02259.jpg
チャーシューはロース使用の出涸らしタイプ。キシキシした歯応えと、抜け気味な旨味が、これまたノスタw
ほうれん草とメンマの量が多いのは、いかにも食堂ぽい印象♪


決して、物凄く美味しい一杯ではないのですが、心暖まる古き良きラーメン。窓からの景色も、ひと味加えているようですw
DSC02262.jpg


栃木県栃木市湊町13-16
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます

こういう昔ながらのお店は水ではなく、お茶が出てくることが多いですね。

>タカサキサイレンスさん

最近、お茶が提供されるだけでニンマリしてしまう食堂芸人です。

武芸帳に何度か書き込み挑戦しているのですが、やはり無線LANのせいか上手くいきません。
もう少しお待ち下さいm(__)m
プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR