ラーメン¥600@大黒屋

2013.02.12
2013021203.jpg
大黒屋
住所 栃木県佐野市上台町2143-1
電話番号 0283-22-1464
営業時間 11:00〜20:00
定休日 水曜日



駅前食堂ヽ(=´▽`=)ノ    




本日は午後1時より仕事。そんなわけで、早い時間(11時)から営業されている、未訪の店を回ることに。
しかし、“広東”は臨時休業。“おぎわら”“広来軒”も営業されている様子は無し。佐野市内をさまよい、ようやく『佐野市駅』前の“大黒屋”に、ラーメンの暖簾を発見。



11:22、店横の駐車場に、車を滑り込ませます。
2013021204.jpg
外装のモザイクに貼られたタイルの外壁や、ブルー掛かった大きめな窓が、いかにも“昭和駅前食堂”の面持ちを演出。


自動ドアを開けると、先客は無し。「いらっしゃいませ~♪」お母様でしょうか、フロア担当の女性がお出迎え。厨房担当は息子さんの様子?
20130212001.jpg
決して広くはないですが、座敷席やテーブルが良いバランスで存在。掃除が行き届いていて、非常に清潔感のある店内。


入口付近のテーブル席に陣取り、綺麗に作られたメニューを拝見。
2013021205.jpg
以前は普通の食堂メニューだったのを、昨今の『佐野ラーメンブーム』によりラーメンをメインに押し出したもののようです?



2013021207.jpg
“お冷や”を運んで下さったお母様に、デフォを注文。
後客はないものの、出前の電話が2件掛かった6分程でラーメン配膳。
20130212004.jpg
ラーメン¥600
漂うは鶏ガラの香り、強めのカエシの香りもします。



早速、色濃いスープから。
20130212005.jpg
ズズズズズ~~。ん…、コク・旨味・動物感共に、かなり控え目m(__)m 見た目に裏腹に、優しい塩分。微かに感じるのは胡椒でしょうか? 物足りないと言ってしまえばそれまでですが、なんとも純朴な清楚な味。課長も控え目で、なんとも優しい味わい。



お次は平打ちの細縮れ麺を。
20130212007.jpg
ゾゾゾゾゾ~~。オ~かなりの柔らかさ
“森田屋 足利店”まではいきませんが、歯の要らないような『飲める麺』。
ツルツルした啜り心地に、フワフワした歯触り。噛み締めると微かなモチッリ感。 オーバーボイルなのか? こういった仕様なのか?
喉ごしで、旨みをジンワリ感じさせるタイプ。



具には、メンマ、チャーシュー、ナルト。薬味のネギ。



20130212006.jpg
メンマは細く小ぶりなもの。パリパリとした食感で、薄めながらコクのある味付け。



20130212011.jpg
海苔は柔らかめなもの。風味は弱めで、微かに酸味を感じさせます。



20130212009.jpg
薄切りのバラ肉チャーシューは、 味付け控えめな仕上がり。出涸らしのようですが、微かな 脂身の甘味が、動物感を足す良いアクセントに。



20130212013.jpg
ネギの風味と旨味が生きるのは、スープの味がとても控え目だからでしょうか?



ボンヤリとした控え目な印象の一杯。
時代に流されず、昔ながらの一杯を提供されている様子。



20130212_111917.jpg
帰り際、店の看板をよくみると、“珍味 ラーメン”の文字。こんなところにも、店の歴史を感じてしまいますm(__)m



栃木県佐野市上台町2143-1
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR