五目麺¥800@旬菜中華 玉家

2013.10.22
20131022001.jpg
旬菜中華 玉家
住所 〒327-0821 栃木県佐野市高萩町1313-13
電話番号 0283-21-8735
営業時間 11:30~14:00/18:00~22:00(L.O.)
定休日 月曜日(祝・祭日を除く)
席数 30席 (カウンター6席、テーブル6卓24席)




本日は午後より用事。
佐野新都市の住宅地にひっそり佇む中華料理店に。
ちょっと遅めの12:49入店。決して広くは無い店内は、先客7組13名で、ほぼ満席の賑わいぶり。
先客のほとんどは佐野マダム^^;




マダムの熱い視線の中、フロア担当の女性にテーブル席に案内されます。
20131022003.jpg
調理担当2名、フロア係2名の4人で店は切り盛り。厨房からは胡麻油の薫りが漂います。




20131022002.jpg
本格中華料理のお店なので、ラーメン系は2種類のみ。周りのマダムは、皆さんランチのコースで優雅な昼食中。
そんな中でも堂々とラーメンを啜りましょう!





待つこと10分でラーメン配膳。
201310220051.jpg
五目麺¥800
食堂の“五目ソバ”を想像していましたが、見た目まんま“広東麺”。胡麻油の香ばしい薫りに包まれます。




早速、餡の溶け出した色濃いスープから。
20131022007.jpg
ジュルルルル~。ウム、まさに中華。
ベースは、スッキリおとなしめな清湯。そこにゴマ油のコクと、シッカリめの塩分。更にそこにオイスターソースの風味と味わい。まさに広東麺の王道、中華料理屋さんの一杯m(_ _"m)ペコリ 突出した旨さはないものの、安定した美味しさは、何とも安心して味わえるもの。
ん~、中華にドップリw




お次は、やや縮れた黄色い中細麺を。
20131022008.jpg
ゾゾゾゾ~~。餡のおかげでツルツル熱々。やや柔らかめの歯触りで、モッチリ感も弱め。喉越しで美味しさを感じるタイプ。




具には、白菜、たけのこ、小松菜、木耳、海老、豚バラ肉、イカ、ホタテ、ウズラの卵。




20131022009.jpg
下茹でされた白菜は、柔らかめですがシャキシャキ感も有り。特有の甘味が濃いめのスープによく合っています。




20131022010.jpg
小さめにカットされたタケノコは、下味がキッチリされ、硬めなメンマのような印象。小松菜は餡の甘味で、特有の苦みは控え気味。





20131022014.jpg
下味のシッカリした木耳は、コリコリ感も味わいも中々なもの。




20131022015.jpg
下揚げされた豚バラ肉は、ザクザクとした硬めの仕上がり。




20131022011.jpg
きちんとした仕事がされたイカ。フワフワサクサクで美味しいw




20131022018.jpg
若干、臭み?を感じる海老。プリプリ感は良いだけに、少し勿体ない印象。




20131022013.jpg
ウズラはウズラw 当然、最後に頂きました。




終盤、白菜と思いながら口にした物に、ホタテの貝柱も存在。値段なりに、良い材料が豊富に使われています。





シッカリした味付けに、オイリーな胡麻油。安定感のある美味しさ。
久々に中華料理屋さんらしい一杯を頂いて、かなり満足w


たまには、こんなのも良いじゃないm(_ _"m)ペコリ











スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR