チャンポン¥580@ラーメンオギノ

2013.10.29
20131029001.jpg
ラーメンオギノ
住所 栃木県宇都宮市池上町2-10
電話番号 028-634-7939
営業時間 11:00〜19:00
喫煙 不可




以前、らーめん屋おぎのさんで頂いた『宇都宮ちゃんぽん(仮名)』が、非常に面白いものだったので、そちらの本店(?)であろう、コチラへ訪問。
コインパーキングに車を停め、テクテクと宇都宮の繁華街を歩きます。
狭い裏路地に店舗はひっそり佇みます。




入口には、店の歴史を感じさせる食品サンプル。
20131029002.jpg




11:37入店、「いらっしゃいませ。」初老のおば様がお出迎え。
20131029004.jpg
入口にカウンターと厨房、奥にはテーブル席。狭いながらに機能的な店内。ご家族でしょうか、4名で店は切り盛り。




昭和を色濃く残した内装、先客は2名。
20131029005.jpg
コチラのお店は創業65年だそうです。




20131029003.jpg
カウンター一番奥に陣取り、お冷を運んで下さったおば様に、名物(?)“チャンポン”オーダー。




後客が2名続いた4分程でチャンポン完成。
20131029008.jpg
何と、懐かしのカレー皿で登場です。
20131029007.jpg
チャンポン¥580
流石『宇都宮チャンポン』、魚介類は一切なし。
らーめん屋おぎので感じた煮干しの薫りは無し。




早速、スープから頂きます。レンゲを押し込むと、表面に餡が確認できます。
20131029009.jpg
ズズズズズ~。う~~シンプル♪ 炒め野菜から旨味が溶け出した、分かり易い“餡かけ醤油ラーメン”の味わい。やや餡の塩分が濃いめでしょうか、その分ベーススープが薄味でバランスをとっている様子。しかし、何でしょう、口内に不思議な魚介系(貝類)のほのかなエグミ。カエシから来るものなのか、ベーススープから来るものなのか。




お次は中太麺を。
20131029012.jpg
ゾゾゾゾゾ~~。ツルッツルの啜り心地に、モッチリした歯応え。薫るカンスイ臭が、非常に懐かしさを感じさせます。
スルスルしたストレート感や、プチプチした歯触りに、微かにチャンポンを覚えますm(_ _"m)ペコリ




20131029010.jpg
具の野菜には、ニンジン、ニラ、キャベツ、ん!? 木耳かと思っていたものは昆布!?
どうやら、この昆布から魚介系の微かな渋みがにじみ出ていたようです。




20131029013.jpg
野菜の炒め具合は程良く、シャキシャキの歯応え。餡・スープの味付けがシンプルなだけに、野菜それぞれの旨味がよく映えているようですm(_ _"m)ペコリ




センター盛られた豚バラ肉。
20131029011.jpg
チャーシューかと思いきや、甘しょっぱく煮られた時雨煮風なもの。キシキシした歯応えと、シッカリめの味付けが、この一杯の良いアクセントに。





想像する“チャンポン”からは、かなりかけ離れた一杯。
しかし、何とも言えない懐かしさや、親しみ易さを感じさせますw さすが、『宇都宮チャンポン』ヽ(=´▽`=)ノ
シンプルで優しい味わいを、このお店の重ねた歴史が、一層深いものにしているようです。


斬新さや物珍しさよりも、その一杯の歴史に触れる事も大切なことかもしれません。



え!? 「お前が言うな!」ってw








スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR