長崎小浜ちゃんぽん¥700@やすらぎ処ゆけむり食堂13

2013.11.04
20131104001.jpg
やすらぎ処 湯けむり食堂
住所 〒327-0001 栃木県佐野市小中町215 佐野やすらぎの湯内
電話番号 0283-24-2617
営業時間 月~金 朝11:00~夜22:30(オーダーストップ)土・日・祝朝10:00~夜22:30(オーダーストップ)
定休日 第三火曜日
席数 100席





本日も家族でこちら。休日の為か、施設内はかなりの賑わい。


入口に「らーめん祭」のPOPを発見! またやってくれました! やすらぎ!!!
20131104002.jpg




軽く晩酌をすました後、〆のラーメンをチョイス。
「横浜サンマーメン」と悩みましたが、今回は「長崎小浜ちゃんぽん」に決定。20:54食券を購入しオーダー。

~小浜ちゃんぽん~
あっさりスープで具沢山! 小浜温泉は、長崎茂木港からの船での湯治客で賑わい、大正時代には既にちゃんぽんが食べられていたといわれています。100年以上の歴史があり、独自の進化を遂げています。
※小浜ちゃんぽんMAPより
しかし、味の定義はなく、各店自由な様子^^;





20131104003.jpg
ブルブルピーを受け取り、待つこと6分、炒め野菜を盛った一杯が登場。
20131104007.jpg
長崎小浜ちゃんぽん¥700
チャンポンなのに、具に肉類、魚介類は無し。




先ずは、チャンポンらしく、しっかり白濁したスープから。
20131104019.jpg
ズズズズズ~。ん~~。業務用のチャンポンスープのようですが、炒め野菜からの旨味も加わり、きちんと味わえるものに。風味の主役は、炒め野菜に使われる油と胡椒の香ばしさ。炒め油が更なるコクも足しているようです。
ベースの豚骨感はかなり弱め。そこまで期待してはいけないのでしょうか。せめて、具材に肉、魚介があれば、もっと、味わい深いものに。




麺はいつもの黄色い中太麺。緩い縮れの断面の四角いもの。
20131104024.jpg
ゾゾゾゾ~。ウムw ツルツル感はなく、ポソポソした歯触り。カンスイ臭もややキツメですが、しっかりしたスープとは中々の相性。前回の塩よりは遥かに良い印象。ちょっとチャンポン麺ぽさも感じられます。




炒め野菜には白菜、ニンジン、玉ねぎ、キクラゲ、モヤシ、カマボコ。




20131104015.jpg
ん? 白菜だけかと思っていたら、キャベツの芯も混ざっている様子。エコだね~~。
しかし、炒め具合は絶妙でシャッキシャキ。難なく頂くことが出来ますm(_ _"m)ペコリ




20131104012.jpg
炒め野菜が味を足す一杯には、玉ねぎの甘味は必要不可欠な存在。




20131104013.jpg
木耳はかなり立派なもの。しっかり耳してます♪ 歯応えも素晴らしく、ゴリップリw




20131104027.jpg
カマボコは、高温で炒めると甘味が増すようです。家でもやってみようかな^^




20131104021.jpg
キャベツの芯を使うなら、もう少しモヤシを増やしてもらいたいところ。あ…、そうでしたエコ、エコm(_ _"m)ペコリ


ん~~、非常にさっぱりした一杯。
これが小浜なのでしょうか? それともただの「な~~んちゃて」なのでしょうか?
どちらにせよ、“小浜ちゃんぽん”が頂けただけでも幸せを感じる珍コレでしたm(_ _"m)ペコリ


今後“八幡浜チャンポン”や“網走チャンポン”なんかも、やってくださねヽ(=´▽`=)ノ







スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR