カレーソバ¥550@北京飯店

2013.11.19
20131119001.jpg
北京飯店
住所 栃木県佐野市葛生東2-10-3
電話番号 0283-86-3330
営業時間 11:30~20:00
定休日 木曜日




本日は佐野市の『中国(老舗中華食堂)』をまわる旅。
12:18店の前に到着。うわ~~渋すぎます。
電話番号が(6)3330ですよ!? つるや食堂を思い出してしまうのは、私だけでしょうか?




扉を開けてビックリ、中もかなりの渋さ。
20131119004.jpg
狭くこじんまりとした店内は、小物から家具まで、何とも味わい深い昭和な雰囲気であふれています。良いですね~~。
御夫婦でしょうかお二人で店は切り盛り。




20131119003.jpg
先客1名居られる、2卓のみのテーブル席に腰を下ろします。
20131119005.jpg
すぐさまお冷がサーブされます。




20131119002.jpg
卓上のメニューに目を通すと、“北京メン”なる気になる一杯も存在しますが、 “カレーソバ”のシンプルで力強いネーミングに魅かれ、そちらをオーダー。




テレビの音は流れますが、不思議な静けさの中で待つこと7分、物凄いシンプルな一杯が登場。
20131119007.jpg
カレーソバ¥550
ルーは混ぜ系のようですが、しっかりは混ざっていない様子。
20131119008.jpg
トレーの横にはちょこんとミカン♪




先ずは、あまりカレーの薫りがしないスープから。
20131119009.jpg
ジュルルルル~~。あああ、優しい♪ カレーの薫り・コク・旨味はあくまでもサポート。メインは鶏・豚のガラ系の美味しさと風味。塩分も控え目で、カレーの甘味が上品に広がります。
あああ、ジンワリウンマイm(_ _"m)ペコリ




お次は手打ち風の平打ち麺を。
20131119014.jpg
ゾゾゾゾゾ~。ウムw 少し柔らかい印象ですが、ツルツルの啜り心地に、シコシコした歯触り。弱めですが、モッチリ感も存在。若干カンスイ臭を感じますが、スープの乗りは中々。コチラも非常に優しい仕上がり。




カレーの具材は、豚バラ肉、玉ねぎ、ニンジン。




20131119011.jpg
かなりの量投入された豚バラ。若干硬めな歯応えですが、その食感と脂身の甘味は、この一杯の良いアクセントに。



20131119017.jpg
野菜類はクッタリなるまで炒められていて、特有の甘味を足しています。





食べ進むとジンワリ増す旨味。
派手な美味しさはないものの、なんとも言えない暖かみのある味わい
スープを飲み進むと、丼の側面から原人が!?
20131119020.jpg




食べ終え、会計を済ますと、
「もう一個。」
と、満面の笑みで、おばちゃんがミカンを手渡してくれます。




非常に穏やかな気分になれる一軒でしたm(_ _"m)ペコリ





栃木県佐野市葛生東2-10-3
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

佐野の北京

中国4千年の歴史は奥が深いですねw

というよりも、カレーは偉大だ

そしてまさかの源さんwww

Re: どけんや@マンさん

> 佐野の北京
> そしてまさかの源さんwww
ハッ! これが本当の『北京原人』!!!!
プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR