しょうがらーめん¥750@ 麺処にっ田屋

2014.10.21
20141021035.jpg
麺処にっ田屋
住所 栃木県栃木市仲方町141-1
電話番号 0282-30-1910
営業時間 11:00~20:00(平日のみ15:00~17:00中休み)
定休日 月曜日(月曜日祭日は営業。翌日代休)
席数 カウンター6/テーブル3卓/小上がり4卓




手打ちだ! 手打ちだ! 手打ちなの?




佐野でも頂けますが、遠出してこそ頂きたい手打ち♪




11:41到着、何と駐車場はほぼ満車。
20141021036.jpg
入口では限定メニューがお出迎え。




入店すると、店内もほぼ満席。空いていた座敷席に案内されます。
20141021037.jpg




卓上のメニューをチェック。
20141021038.jpg




平日限定の“濃厚らーめん”も気になりましたが、やはり、おぐら屋系と言えば“生姜らーめん”。
20141021039.jpg




お冷を運んで下さったフロア担当の女性に“しょうがらーめん”をオーダー。
20141021040.jpg




店内が満席になった16分掛かってラーメン登場。
20141021045.jpg
しょうがらーめん¥750
非常に綺麗な盛りつけは、曼荼羅を彷彿とさせる、まさに無形文化財的絵柄m(_ _"m)ペコリ




先ずは、スープ。淡い! あまりにも淡い琥珀色!
20141021047.jpg
ジュルルルル~~。ウワァ~~、スッキリなのにジンワリ旨~~~ヽ(=´▽`=)ノ
非常に淡い塩分、コク、旨味。しかし!! 全く物足りなさを感じさせない上品で完成度の高い味わい。調味料のサポートもあるようですが、スッキリした清涼感すら感じる仕上がり。
美味しいですm(_ _"m)ペコリ




お次は、中太の麺を。細い個所もなく、一本一本がしっかりした太さのある、断面の四角いもの。
20141021049.jpg
ゾゾゾゾゾゾ~~。ウム…、ツルツルした啜り心地に、プチプチした歯触り。モッチリ感もあるものの、手打ちにては重たさを感じる食感。熟成が長いのか、何かグルテン系が用いられているのか、半透明な見た目に、食べ進めると強調されるムチムチ感。本当に手打ち? 幅もよく揃っているので、「伸し」まで手で、「切り」は機械でしょうか?
フワフワ感や粉の風味も弱く、個人的にはもう少しな印象m(_ _"m)ペコリ




具には、メンマ、ナルト、チャーシュー、そして、生姜。薬味のネギ。




20141021053.jpg
パリパリの硬さのメンマ。おぐら屋系らしく、かなりの薄味♪




20141021051.jpg
2枚乗った大ぶりなバラ肉チャーシュー。ホロトロの柔らかさで、味付けはコチラも控え目。喉越しで旨味を発揮するタイプ。
ウンマイヽ(=´▽`=)ノ




20141021054.jpg
ネギは味わいがあり、薬味と言うより具に近い野菜感を演出。淡いスープとの相性も中々。




20141021055.jpg
ナルトはナルトw




20141021056.jpg
生姜は、チャーシューとカエシで和えられたもの。




スープのに良く溶いて。
20141021058.jpg
ジュルルルル~~、あああ、ウンマイw
生姜の辛味が先行しますが、その辛味がスープの味を引き締めて、更に増す旨味。チャーシューとカエシが、味を深くしているようで、かなりの味変。一杯で二度楽しめますm(_ _"m)ペコリ
さすが、生姜ヽ(=´▽`=)ノ





麺は好みから外れてしまいましたが、さすが、おぐら屋系、非常にレベルの高い一杯。

20141021059.jpg
あれ? 小三郎の出身なの!?





スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR