五目そば@福森食堂

2012.04.25
DSC03022.jpg
福森食堂
住所 〒326-0044 栃木県足利市助戸1丁目699-2
電話番号 0284-41-3759
席数 座敷3卓(12席) テーブル2卓(6席) 大広間あり
喫煙 可


みなさんお久しぶりです。食堂芸人のランディです。
本日は、存在すら危ぶまれていたコチラに訪問。


12:26駐車場に車を停め店舗前に。趣きある佇まいの店舗に、揺れる暖簾。営業していることを確認してひと安心。しかし、心をよぎる一抹の不安。“ラーメンメニューあるの?”勇気を振り絞って入店。
DSC03027.jpg
引戸を開けると歴史ある内装に、高齢の御夫婦店員さんがお出迎え。先客は地元の方が2名。
DSC03024.jpg
壁の手書きメニューにラーメン類を発見^^ ホッとしながら、座敷の席に陣取ります。


DSC03026.jpg
デフォのラーメンが400円…。安いメニューを単体でオーダーすることに、少し恥じらいを感じ(珍しいw)、緑茶を配膳してくださったお婆ちゃんに“五目そば”を注文。って言っても550円^^;


テレビを観ながら待っていると、軽く野菜に火を通すような音が聞こえます。どうやら“タンメン”系の様子。
待つこと10分、お婆ちゃんが配膳。
DSC03028.jpg
五目そば¥550
お!こんもり盛られた炒め野菜の上に、玉子、チャーシュー、ナルト、かまぼこ、海苔。ちゃんと五目乗ってます♪ しかも550円にしては、しっかりとりたボリュームw


先ずは透明なスープから。
DSC03031.jpg
スープで卵を茹でたらしく、白身のカスが結構浮遊しています^^; 撮りきれないアクを、玉子が吸ったのか???
ズズズズズ~。ホウw 鶏ガラベースの清湯は、コク旨味とも弱め。炒め野菜から出た旨味が味のベースになっています。オイリーさや塩分も控えめですが、物足りなさは感じさせない仕上がり。


お次は、縮れのある手打ち風麺を。
DSC03034.jpg
ゾゾゾゾゾ~~。ウンw ツルツルした啜り心地に、フンワリとした歯触り、弱めながらもモッチリとした噛み応え。スープの乗りも中々。


炒め野菜には、モヤシ、キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、ニラ。
DSC03036.jpg
若干クタリ気味ですが、野菜本来の甘味を十分に感じられるもの。炒め時間は短めで、煮込みに時間を割いている様子。


バラ肉をロールさせたチャーシューは、精肉店製か? モチモチの食感や独特の風味は、まさにハム。逆に珍しいタイプに、ちょっとウキウキw
DSC03035.jpg
ナルト、カマボコが厚めなのも嬉しい限り。
DSC03037.jpg
DSC03038.jpg
ポーチドエッグ状態の玉子は、当然黄身はトロトロ。麺を絡ませ頂くと、まさに至極w


軽く一杯頂くつもりが、満腹、満足。
庶民派食堂で500円以上のラーメンを頼むのは、考えものですね^^;


DSC03039.jpg
ちょっとした感動に浸っていると、お婆ちゃんから“コーヒーゼリー(既製品)”のサービス!?
儲けは、あるんですか…?



栃木県足利市助戸1丁目699-2
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR