びっくり麺(しょうゆ味)¥550@吉田屋本店

2012.05.08
DSC03150.jpg
吉田屋 本店
住所 〒360-0201 埼玉県熊谷市妻沼1353-1
電話番号 048-588-0160
定休日 月曜日
席数 カウンター6席 座敷3卓くらい テーブル1卓4席
喫煙 可



「道の駅めぬま」を後にして、向かうは吉田屋 本店。“びっくり麺”と言うメニューを提供されているとの情報を、工作員さんより入手。
“びっくり麺”…。どんな恐ろしい見た目なのか? それとも、ぶったまげるほどの味付けなのか?
11:16入店、歴史を感じさせるちょっとレトロな店内。
DSC03152.jpg
何とも言えない古い厨房(油汚れ?)の臭いが漂います。
DSC03151.jpg
店は奥さん一人で切り盛り。


入口付近のカウンター席に腰を下ろし、メニューにある“びっくり麺”を醤油味でオーダー。
DSC03155.jpg
すると、奥さま、
「雑誌もありますよ~~。」
開店前で調理に時間が掛かるようで、雑誌類を勧められます。


DSC03153.jpg
DSC03154.jpg
暫くすると、割烹着姿の店主さん(?)と息子さんが登場。どうやら3人体制のようです。


DSC03156.jpg
えんむセット!?
えんむって何ですか???


厨房を覗くと、奥さまが、丼にカエシを張り、寸胴から綺麗な黄金色のスープを注ぎます。麺上げは店主さん、トッピングは奥様、トータル15分で完成。奥さま自ら配膳です。
DSC03157 - コピー
ビックリ麺(しょうゆ味)¥550
さて、見た目全く普通の“醤油ラーメン”。麺を引きずり出すと、幅3~4cmの平打麺。これが…、ビックリ麺…。


…と言うことで、先ずは琥珀色のスープから。
DSC03162.jpg
ジュルルルルル~。ん~、コイウマw 濃いめのカエシと、多めの課長が旨いのかと思いましたが、これは黄金色のベーススープの旨さの様子。鶏ガラ主体のスープのようですが、ちょっとスープが古いのか、香りはあまり良くないです^^;
しかし、それにもまして、しっかりしたコクと深い旨味は中々なもの。これが“熊谷ラーメン”の特徴なのでしょうか?シンプルな醤油スープと言ってしまえばそれまでですが、なぜか良い印象な味わいw


お次は、御自慢の“びっくり麺”を。
DSC03158.jpg
ズピピピピピ~。ん… 、ツルツルした舌触りに、柔らかめな歯応え、まさにワンタンの皮。地元の“ひもかわラーメン”で感じた微かな粉感も無く、ピロピロした様は完全にワンタンw 啜りづらさはありますが、スープの絡みもよく、何とも面白い食感。子供の頃、ワンタンを啜って食べた思い出が甦りますw


具には、メンマ、ナルト、チャーシュー、ワカメ、海苔。薬味のネギ。
DSC03161.jpg
やや小ぶりのメンマは、パリっとした歯触りに、シャクシャクした歯応え。味付けが程良く感じるのは、スープが濃いからか?
DSC03160.jpg
チャーシューはロース使用で、ホロホロな仕上がり。味付けは抑えぎみで上品なもの。


「よろしけば、どうぞ~~。」途中、息子さん(?)が、揚げネギを小皿で提供。
DSC03163.jpg
濃いめのスープに、オイリーさのコクや、香ばしい風味もよく合っています。揚げネギ特有の甘味も加わり、味わいも豊かに。最初から乗っていても良い印象。


麺が幅広で“びっくり麺”。“帯麺”と言う名で桐生市でもよく見られ、我が足利市にも“ひもかわラーメン”として存在。それほどビックリするようなことは…。

けどね、メニューに「当店だけの」とか、誘導看板に「熊谷唯一の」とか書かれちゃうと、何だか驚かないと悪いような^^;

十分、驚かさせて頂きましたm(_ _"m)ペコリ



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ご無沙汰しております!
一瞬ひもかわと耳うどんを連想してしまいました。
ビックリして屋の上が飛んでいきましたね。
私はランディさんを尊敬しております。

Re:あずささん  

こちらこそ御無沙汰しております。
ええ“屋”の字の上がすっ飛んで“吉田ノ至本店”かと思いました(爆

あちら(RDB)の方は、珍コレが中々増えず寂しい思いをしております。
よかったら帰ってきてね。
もしかして?ブログやってるんですか??

No title

随分前に閉店したと思われる、地元の「吉田屋支店」のルーツを辿っておりましたところ、コチラに行き着きましたw

東毛地区ではお馴染みの「森田屋」「やまや食堂」をイメージしておりましたが、ふつうに中華屋さんでしたね。
現在のご主人の代で今のようなスタイルになった印象が強かったです。

息子さんに期待しましょうか?www

Re:16TRSさん

いつもコメントありがとうございます。
「吉田屋」に歴史あり。ラーメンに歴史あり。
私の地元にも歴史に埋もれた一軒が…。
プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR