マヨネーズラーメン¥750@くるまやラーメン 大泉店

2012.05.22
DSC03254.jpg
くるまやラーメン 大泉店
住所 群馬県邑楽郡大泉町坂田2-16-7
電話番号 0276-63-4230
営業時間 11:30〜25:30
席数 カウンター 5席 テーブル(4人)3卓 テーブル(6人)2卓 小上がり 3卓
喫煙 可


『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員のランディです。

本日は、16TRSさんとの約束の地 くるまやラーメン 大泉店へ。“くるまやチェーン”の中では、異彩を放つこちらの一軒。噂では、珍メニューがやたらと豊富
の様子。満を持しての訪問ですヽ(=´▽`=)ノ


11:53駐車場に車を滑り込ませます。かなり年季を感じさせる店舗。『くるまや』に歴史あり。
DSC03255.jpg
暖簾をくぐると、ベテラン店主さんが「いらっしゃい。」とお出迎え。
DSC03256.jpg
先客は2名、入口付近のテーブル席に腰を下ろします。
DSC03257.jpg
壁の短冊メニューに目をやると、“納豆ラーメン”や“うめラーメン”が存在。その中に堂々と“マヨネーズラーメン”も鎮座! “マヨネーズラーメン”に歴史あり。


お冷やを運んで下さった店主さんにオーダー。
すると、店内に漂うニンニクの香り。まさか! “ニンニクマヨネーズラーメン”なのか!? ちょっとした興奮を覚えていると、前客の餃子が配膳。この匂いだったのかm(_ _"m)ペコリ
暫くすると、もやしを炒める音が店内に響きます。


テレビを眺めながら待つこと4分、ゲゲゲゲゲッゲ、何と真っ白な一杯が登場。
DSC03260.jpg
マヨネーズラーメン¥750
白きモヤシのが、白きマヨスープに盛られています。
スープはマヨネーズ溶かし込み系。丼縁に微かに混ざりきらないマヨカスが確認出来ますが、スープには一切の塊なし。見事に一体化されたマヨスープ。
唯一別色の紅生姜の赤が映える丼内。まさに紅一点w


チャーシューや、薬味のネギすらなし。しかし、この潔さこそ“マヨネーズラーメン”の真骨頂なのか?


早速、白濁(マヨネーズ)色のスープから。
DSC03263.jpg
ジュウルルルルルル~~。ウゲ! マヨネーズの濃度が高い!! まさに“飲むマヨネーズ”!!! 濃いよ~、濃い。過去最高レベルのマヨ濃度。ベースは豚ガラ鶏ガラに野菜のようですが、マヨのせいで全く判別不能。微かに乳製品(牛乳?)が使われているのか、ほんの少し円やかさを感じます。しかし、基本はほとんどマヨネーズw 独特の酸味と濃厚さで、飲み込む度に気持ち悪さが…。せめて、ゴマやアサツキくらいは欲しいところ。


しかし、2、3口レンゲを進めると、不思議と違和感が薄れていく様子。塩分も程良く、もしかして、これウマいのでは…。脳内アドレナリンが全開なのか? ただ現実逃避をしているだけなのか? しかし、喉越しで感じるストレートなマヨネーズさが、抜けていた魂を一気に体内に戻します…m(_ _"m)ペコリ


お次は中太の縮れ麺を。
DSC03265.jpg
ゾゾゾゾゾ~~。ウムw ツルッツルの啜り心地に、グミグミしたしっかりした歯触り。モチモチした歯応えに、独特の強めのカンスイ臭、まさに味噌専用の“くるまや麺”
スープの乗りがイマイチですが、それが逆に効を奏して、非常に食べ易い状態にw


具には、モヤシ。薬味に紅生姜。
DSC03270.jpg
モヤシを炒めて、スープを投入するのでなく、別に炒めたモヤシが、盛られている様子。絶妙な炒め具合と、必要最低限の味付けながら不満のない味付けは、流石「くるまや」に歴史あり。マヨスープと一緒に頬張ると、温サラダの雰囲気がするような、しないようなw
DSC03269.jpg
紅生姜を頂くと、マヨネーズ効果か一瞬“お好み焼きフレーバー”が! しかし、濃厚マヨスープの前に、苦味のみを残し消えてゆく紅生姜…。


全てを混ぜ合わせて頂くと、まさにカオス!!!
DSC03271.jpg
旨いんだか、不味いんだか訳分からないまま進む箸。
これは一体何なんだ!????
しかし、何故でしょう。この一杯から、自信にも似た圧倒的な威圧感と、堂々とした存在感が伝わって来ます。まさに、“マヨネーズラーメン”に歴史あり。


壮絶な闘いの後、ただ一つ分かったこと、そうそれは、物凄い後味の悪さm(_ _"m)ペコリ


くるまやチェーンでは、麺、カエシ等は本部製ですが、スープは各店で製作しているようです。
店によって味が違ったり、メニューが多少変化するのもこのためなのでしょうか???



スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご近所にようこそですw
コチラは創業から30年は経過しているであろう老舗級ですが、当時からマヨラーを提供していたかは。。。?

どこがルーツなんですかね?
おせーて、“珍コレ”さん!

 

私はくるまやに、もうかれこれ15年はうかがっていません。
しかし、こちらは面白そうですねw

最近なかなかこちら方面へ行く機会がないのですが、ナビに登録しました^^

Re:16TRSさん

> どこがルーツなんですかね?
色々調べているのですが、全くもって、はっきりした確証がつかめません。
“元祖マヨネーズラーメン”を謳う店は多数ありますが…m(_ _"m)ペコリ

Re:あずさ  

> 最近なかなかこちら方面へ行く機会がないのですが、ナビに登録しました^^
いえいえ、そこまでしなくても…w
この店の先の、明日葉麺(?)のほうが気になります。近いうちにm(_ _"m)ペコリ
プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR