チャーシューメン ¥750 @ 増田屋 新島そば店

2015.12.15
20151215027.jpg
増田屋 新島そば店
住所 〒360-0817 埼玉県熊谷市新島396-1
電話番号 0120-258-440
営業時間 11:00~20:30
定休日 木曜日




~蕎麦屋でラーメン食べてみよう~




続きましては、17号線沿いのこちら。
大泉の増田屋さんが、かなり好印象だったので、コチラにもちょっと期待w




12:57到着、店裏の広い駐車場に車を停めます。
20151215025.jpg




入口では、可愛らしい食品サンプルがお出迎え♪
20151215028.jpg




「いらっしゃいませ~~!」入店しますと、若い女性店員さんがお出迎えw ご家族でしょうか、厨房は、男女2名が切り盛り。
20151215030.jpg
いかにも、街のお蕎麦屋さん的な内装。先客は1名。




厨房横のテーブル席に腰を下ろすと、娘さん(女性店員さん)が、ほうじ茶とオシボリをサーブ。
20151215029.jpg




早速、メニューをチェック。
20151215032.jpg
あれ!? デフォの“ラーメン”がない!
どうしましょう。気分的には醤油なので、唯一の醤油メニュー“チャーシューメン”をオーダー。




待つこと9分、蕎麦盆に辣油・胡椒を乗せてラーメン登場。
20151215033.jpg




20151215037.jpg
チャーシューメン ¥750
濃い色のスープ、盛られたモヤシにコーン。まるで味噌ラーメンw どうりでメニューの『中華の部』のトップは“みそ中華”♪




早速、その濃い鼈甲色のスープから。
20151215047.jpg
ジュルルルルル~~。ウゲ!? しょっぱい!!!
カエシ入れ過ぎじゃないですか!? かなりのしょっぱさw そこに、かなりの量の胡麻油。風味からも味からも、ベースのスープの判別は不能。ただひたすらしょっぱくて、油っこい。とてもキツイ味わい。
え…、増田屋も色々なんですね…m(_ _"m)ペコリ




お次は黄色い中細麺を。
20151215038.jpg
ゾゾゾゾゾゾ~~。ウゲッ!? やっぱりしょっぺ~~!
ツルツルのすす地心地に、優しいモッチリ感。カンスイたっぷりの中華麺なのですが、啜ることによって増す胡麻油の香りと、しっかり染み込んだスープ…。やっぱりきつい味わい。
え…、増田屋も色々なんですね…m(_ _"m)ペコリ




具は豊富で、モヤシ、コーン、ホウレン草、ナルト、主役のチャーシュー。薬味のネギ。




20151215041.jpg
下味のない茹でモヤシ。濃いスープの前に、沈む、沈む…、味わいも、清涼感も…。




20151215049.jpg
コーンの甘味も、負けている…。




20151215045.jpg
たっぷりの量のホウレン草。濃いスープが醤油代りに♪




20151215043.jpg
厚切りのナルト。フワフワで良い物のようですが、如何せん味が分からない…。




20151215039.jpg
ロース使用のチャーシューは5枚。シットリとしながらモチモチとした食感。スープの胡麻油が非常に邪魔に感じます。味付けは程良いようですが、ここにもスープの塩分が…。ウゲッ、喉が痛い…。




20151215051.jpg
歯触りのみを残し、ネギの風味・味わいも消えてます。





う~~ん、キツイm(_ _"m)ペコリ
期待を上げ過ぎたのか、“みそ中華”を頼むべきだったのか。

しかし、こうやってラーメンを提供し続けて下さるだけで、かなりの喜びヽ(=´▽`=)ノ

20151215026.jpg

もっと、もっと、増田屋を探索しなければ!







スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR