生姜らーめん ¥730(税別) @ 青竹手打佐野らーめん こまちゅ屋 館林支店

2016.01.18
20160120001.jpg
青竹手打佐野らーめん こまちゅ屋 館林支店
住所 群馬県館林市赤生田町602
営業時間 11:30~14:30/17:30~20:30
定休日 日曜日




うまい 手打ち うまい




館林インターを利用する都合上、コチラでお昼に。




11:57入店、広い店内に先客は2名。御夫婦(?)お二人で店は切り盛り。
20160120003.jpg
奥の座敷席に陣取ります。




セルフと提示されていますが、奥様がお冷を汲んで下さります。
20160120004.jpg




早速メニューをチェック。
20160120005.jpg




限定メニューの“坦々麺”も気になりますが、研究中の“生姜ラーメン”をオーダー。
20160120007.jpg




待つこと10分で、店主さん自らラーメンを配膳。
20160120010.jpg
生姜らーめん ¥730(税別)




早速、薄っすら琥珀色のスープから。
20160120019.jpg
ジュルルルル~。ううう、薄い…。
鶏ガラに豚でしょうか、尖りのない非常に円やかな味わいと言うか、コク・旨味共にかなり控え目…。カエシも非常に抑えめで、かなり薄い印象のスープ。ブレなのか、仕様の変更か、かなり物足りないもの…。




お次は平打ちされた手打ち麺を。
20160120021.jpg
ゾゾゾゾゾゾ。お、かなりシッカリw
ニュルニュルした口当たりに、ややコキっとした歯触り、モッチリとした歯応えもあり、しっかりとした食感の手打ち麺。変な言い方ですが、「手打ち風」の様な「手打ち麺」。表現力が乏しくてスミマセンm(_ _"m)ペコリ
麺量がタップリなのは嬉しいところ。




具には、メンマ、ナルト、チャーシュー、ワカメ、海苔。薬味の生姜、ネギ。




20160120024.jpg
程良い柔らかさのメンマ。色ほど味は濃くなく上品な仕上がり。




20160120025.jpg
ナルトはフワフワで甘みのあるもの。




20160120022.jpg
バラチャーシューはトロトロな仕上がり、箸で掴むと崩れてしまうくらい。こちらも上品な味付けで、噛み締めるとジュワ~っとカエシが染み出します。スープがうすいので、このカエシの味わいは良いアクセント。




20160120023.jpg
ワカメは肉厚で食感も良いのですが、風味・味わい共に薄め。




20160120012.jpg
海苔は柔らかで風味の弱いもの。




20160120020.jpg
やや厚めのカットのネギ。辛味がスープの良いアクセントですが、その分青臭さも顔を出しますm(_ _"m)ペコリ




20160120017.jpg
主役の生姜は千切りで下味のないもの。バリバリの食感で強い特有の酸味と辛味。スープの味わいは完全に負けてしまい、相性はイマイチな様子。





20160120026.jpg
胡椒を投入すると味は引き締まるのですが、胡椒・生姜の酸味が相まってかなり強いものに…。





かなり、薄味にシフトしている模様。
デフォで麺自体の味を楽しむほうが良かったかもしれませんm(_ _"m)ペコリ

そう言いながら、手打ち麺で頂く“担々麺”が次回の狙いに…ヽ(=´▽`=)ノ







スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR