魚ダシ豚骨つけ麺 ¥650 @ やすらぎ処 湯けむり食堂 28

2016.06.07
20160128001.jpg
やすらぎ処 湯けむり食堂
住所 〒327-0001 栃木県佐野市小中町215 佐野やすらぎの湯内
電話番号 0283-24-2617
営業時間 月~金 朝11:00~夜22:30(オーダーストップ) 土・日・祝 朝10:00~夜22:30(オーダーストップ)
定休日 第三火曜日
席数 100席




You wanna 酔わないウメッシュ~~♪




またまたまたまた×8 訪問、限定発見。
20160607001.jpg
遂に『やすらぎ』も豚骨魚介の時代か…。




早速食券購入。
20160607002.jpg




あ、間違えた…。
20160607003.jpg




待つこと8分でブルブルピー。
20160607004.jpg




20160607007.jpg
魚ダシ豚骨つけ麺 ¥650
おおお、麺は底上げ無しで、ラーメン丼状のすり鉢に盛られています。




先ずは、麺のみを。黒い粒々があり、見た目全粒粉ライクw
20160607015.jpg
ゾゾゾゾゾゾゾゾゾ~~。お!? ツルモチ。
ツルツルの啜り心地に、ムギュっとした歯触り。そこにしっかりとモッチリ感。全粒粉らしい風味や、コキコキの強めの歯応えはないものの、キチンとした食感は、“つけ麺”らしい仕上がりの麺。
特筆したいのは、見事な水切り。全く水っぽさはないのに、麺同士がくっ付くことはなくサラサラ。すり鉢の溝が水切りに良い様で、まさか、ここまで計算されているのでしょうか?
北島マヤ、恐ろしい娘!




お次は、つけ汁のみを。
20160607008.jpg
ズズズズズズ~~。ウム、ライト。
ベースの豚骨は香りや、力強いコクは無く、非常にマイルドな豚骨。そこに粉状の(鰹)節が投入されていますが、こちらも酸味や渋みも感じさせないほど控えめに存在。甘みを感じさせる旨味も上品。
パンチはないものの、非常に万人受けし易いもの。さすがスーパー銭湯。




それでは、麺をつけ汁に潜らせて。
20160607016.jpg
ゾゾゾゾゾゾ~~。うむ、やはりライト。
啜ることでつけ汁の風味は増しますが、やはりコクやパンチは控え目。しかし、塩分や旨味は十分に感じられ、つけ汁としての体裁は整っている様子。




具には、メンマ、チャーシュー、水菜、海苔。




20160607012.jpg
パリパリの食感のメンマ。味は濃いめで既製品の様です。




20160607009.jpg
バラ肉をロールさせたチャーシュー。気持ち塩分が強めですが、脂身のオイリーさが、つけ汁に程良いコクを足してくれます。




20160607010.jpg
つけ汁の風味が弱いので、水菜の青臭さはちょっときつめ。




20160607014.jpg
魚介と海苔が合うだけに、もっと厚みがあって、パリパリ感の強いものが欲しくなります。





非常に食べ易く、大人しい印象の一杯。

味わい・風味濃厚な『豚骨魚介』を期待してしまうと、もう一歩ですが家族には大ウケ。
何せ、愚息に奪われ、一口しか食べられませんでしたから…。








スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR