しみず塩らぁめん ¥720 @ 麺や しみず

2016.12.20
20161220002.jpg
麺や しみず
住所 〒321-0917 栃木県宇都宮市西刑部2740-10
電話番号 028-656-0302
営業時間 11:30〜14:30/17:30〜20:30
定休日 月曜日
席数 カウンター:6席、テーブル:4席×2卓、座敷:6席×3卓




~塩・おぼえていますか~




本日は“塩”を求め宇都宮へ。




大きな公園を望む、自然豊かな立地。
20161220001.jpg




入口にはおすすめ・限定メニューのPOP。
20161220003.jpg




11:30、開店と同時に入店。
20161220004.jpg
「いらっしゃいませ~。」御夫婦でしょうか、お二人で店は切り盛り。




セルフのお冷を汲み、入口付近のテーブル席に腰を下ろします。
20161220005.jpg




卓上のメニューをチェック。
20161220006.jpg
淡麗系と思しき“しみず塩らぁめん”をオーダー。




待つこと14分、意外に白濁(黄濁?)したスープの一杯が登場。
20161220012.jpg
しみず塩らぁめん ¥720




早速、スープから。
20161220022.jpg
ジュルルルルル~~。うわぁ~~、淡麗な淡麗。
ベースは鶏に豚でしょうか、鶏の旨味が非常に控え目に、非常に優しく広がります。鶏油がコク・旨味を足しますが、これまた大人しめな存在。塩分もかなり抑え気味で、兎に角、繊細で淡い味わい。
鶏油のお陰でかなりの熱々ですが、味わいを更にマスクしている模様。
あまりにも淡麗。
己の味覚を試されているのか? これはクイズなのか? 何が正解なのか?
思わず迷える子羊。




お次は中細のストレート麺を。
20161220018.jpg
ゾゾゾゾゾゾゾ~。おおお、こちらも優しい。
ツルツルの啜り心地にピチピチした歯触り。モッチリ感は弱いものの、非常に優しい味わいの麺。淡麗なスープとの相性は上々。




具には、メンマ、チャーシュー。薬味の生姜ネギ。




20161220016.jpg
コリコリの程良い食感のメンマ。味付けは控え目で、ほんのり甘味が前に来る仕上がり。




20161220013.jpg
厚切りのバラチャーシュー、モチモチの噛み応えを残した仕上がり。コチラの味付けも極力控え目で、肉本来の味わいを堪能できるもの。




20161220024.jpg
ネギ生姜は、この一杯には強過ぎるかと思いきや、生姜の辛味が、味の輪郭を引き締める良い役割。生姜は更に風味を添え、ネギは甘味と野菜感を足します。





只ひたすら淡麗。
味わいを掴み切れずに完食。

美味しいって何だ? 旨いって何だ? ラーメンって何だ? 自分って何だ?
色々と思慮に思慮を重ねさせる一杯。
ラーメンってこれから何処に行くのだろう。私達はこれから何を求めるのだろう…。


アッチョンブリゲ!





スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR