鶏塩 ¥750 @ 麺処 大木

2017.01.31
20170131002.jpg
麺処 大木
住所 〒308-0112 茨城県筑西市藤ヶ谷2206-9
電話番号 0296-54-4781
営業時間 11:00〜14:00/17:30〜22:00
定休日 月曜日
席数 カウンター7席、小上がり4×3席




~塩のいない夜だって そうno more cry もう泣かないよ~




遥々来たぜ筑西。家から1時間20分で到着。
20170131001.jpg
回りに畑が広がる非常にのどかな立地。遥かに筑波山も望めます。




11:08入店、先客は5組6名。意外にこじんまりとした店舗。
20170131005.jpg
「いらっしゃいませ~。」男女3名で店は切り盛り。店内に流れるBGMはジブリ系。




空いていたカウンター席に腰を下ろし、セルフのお冷を汲みます。
20170131006.jpg




壁には沢山の限定メニューがありますが、卓上メニューから“鶏塩”をチョイス、オーダー。
20170131004.jpg
厨房を覗くと、注文ごとに小鍋で一杯づつ調理。チャーシューはバーナーでボウボウ炙られています。




後客が3組5名続いた8分、小ぶりな丼でラーメン配膳。
20170131009.jpg
鶏塩 ¥750




先ずは、細かな油玉を浮かべた熱々のスープから。
20170131017.jpg
ジュルルルルル~。ウム、鶏油w
前面に来るのは鶏油。特有の香ばしい風味に、オイリーさのあるコクと甘味。ベースにはドッシリと鶏、深めなコクと旨味を感じます。魚介(鰹節)でしょうか、ややライトで華やかな旨味も存在。味の輪郭を持たせる為か、やや塩分もしっかり目な様子。しかし、鶏油と塩分以外は、非常に穏やかな上品な仕上がり。
個人的には少し鶏油と塩分が効き過ぎな印象m(_ _"m)ペコリ




お次は、中細の麺を。
20170131010.jpg
ツルルルルルル~~。ウム、優しい♪
ツルツルの啜り心地に、ピチピチした歯触り。柔らかめですが、しなやかなモッチリ感も。
この優しさが、オイリーさを更に助長してしまっているような…。




具には、メンマ、鶏モモ肉チャーシュー、鶏ムネ肉(コンフュ?)、海苔、カイワレ。薬味のネギ。




20170131013.jpg
柔らかい仕上がりのメンマ。味付けは控え目ですが、微かな酸味や、香ばしい風味(発酵臭)が心地良い仕上がり。




20170131016.jpg
鶏肉は2種。モモ肉でしょうか、皮付きの鶏は、フンワリモチモチの程良いやわらかさ。染み出すカエシ(?)の効かせ具合も絶妙。皮も油濃さなく、旨味を感じさせながらもあっさりした後味。




20170131014.jpg
丸いカットの鶏肉は胸肉? ムチムチした噛み応えを残したもの。まぶされたスパイスと味付けは、控えめながら非常にバランス良い出来。




20170131011.jpg
硬さのある海苔。良い物の様で、風味が映えますが、スープとの相性はもう少し…。




20170131012.jpg
カイワレの特有の野菜感(青臭さ)も、スープとの相性がイマイチ。しかし、彩りとしては貴重な存在に思えます。




20170131019.jpg
細かい刻みのネギ。風味や味わいはかなり弱め。





後半、更に増すオイリーさと塩分。
もう少し鶏油・塩分が少なめでも良い様子。

しかし、昨今流行りの『鶏清湯』の礎となる、丁寧で深いベーススープの味わいには、安定感や貫禄すら覚えます。

更なる、探求をしなければm(_ _"m)ペコリ








スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR