鶏だし塩らーめん ¥650 @ 吉田商店

2017.01.31
20170131021.jpg
吉田商店
住所 栃木県小山市西城南5-47-8
電話番号 0285-28-7173
営業時間 11:00~15:00/17:30~21:00 ※スープが無くなり次第終了
定休日 月曜、第3火曜(祝日の場合は翌日)
席数 カウンター7席、テーブル席4×2・2×2、小上がり席3卓




~僕には塩がある 両手じゃ抱えきれない~




前店に続き向かうは小山市の有名店へ。




12:11到着、偶然空いていた駐車場に車をねじ込み店内へ。先客は13名、8割程の入り。
20170131024.jpg
「いらっしゃいませ~~!」元気な店員さんに、カウンター席へ案内されます。




卓上のメニューをチェック。
20170131023.jpg
強烈に「タンタンの冒険」に誘われますが、しかたなく初志貫徹!“鶏だし塩ラーメン”をオーダー。柚子の有無を聞かれますので、今回は外して頂きます。




なんと、カウンター席の上には、ラーメンの説明書きがド~~ン!!!!!
20170131025.jpg
変な先入観を持たないように、読まないぞ!
読まないぞ。
読まないぞ…。




『水魚のポーズ』で、待つこと僅か3分でラーメン登場。
20170131030.jpg
鶏だし塩らーめん ¥650
黄金色を超えたイエロースープに、ハッとしてgood。




早速、その黄色いスープから。
20170131038.jpg
ジュウルルルルルル~~。ん、意外とマッタリ♪
ベースは鶏と魚介でしょうか、魚介の風味ある旨味が結構前に来ていて、鶏と半々位に主張。鶏は煮込みが深いのか、鶏白湯寸前位の濃厚さとマッタリ感。舌先に感じるライトな甘味は岩塩からか?
塩分・旨味申し分ない仕上がり。色々な素材が使われていますが、それぞれを突出させない作りは流石。
しかし、キレが無いと言うか、ちょっと主役がぼけていると言うか…。やはり、柚子の柑橘系の清涼感と酸味は必要だったでしょうか…。




お次は黒い粒の確認出来る中細麺を。
20170131036.jpg
ゾゾゾゾゾ~~。ウム、蕎麦ライクw
ツルツルの啜り心地に、ムチムチした歯応え。ヌ~っとした歯触りや、しっかりした粉感も感じられ、少し蕎麦ライクな面持ち。風味・味わいは控え目な印象。




具には、メンマ、チャーシュー、小松菜、つくね。薬味の白髪ネギ、揚げネギ。




20170131033.jpg
太めのメンマは、非常に柔らかい仕上がり。塩分は抑えめですが、甘味・旨味の濃いもの。




20170131035.jpg
大ぶりなバラチャーは、モチモチの食感。若干、コニャコニャの筋みたいな感触も…。程良い上品な味付けで、肉本来の香りも楽しめるタイプ。




20170131032.jpg
パリパリの心地良い硬さの小松菜。微かな辛味が、良いアクセント。




20170131031.jpg
鶏つくねは、ツナギが少なめ(肉多め)なのか、ポロポロした食感。混ぜられた軟骨が、パリパリな硬め歯触り。生姜でさっぱり頂けるもの。




20170131034.jpg
白髪ネギは、辛味・風味は弱め。その分、甘味・旨味の強いもの。何か下処理されているのでしょうか?




20170131040.jpg
揚げネギは、コクと旨味を足す良い働き。少なめですが、味変にはこの位の量で十分でしょうか。





複雑でなんともマッタリした印象。
個人的には、『鶏だし塩』のメニュー名らしく、もっとシンプルでストレートな一杯を期待していたので、ちょっと複雑…。

しかし、技術力・安定感を覚える完成度は流石。これからも、頑張って下さいm(_ _"m)ペコリ





栃木県小山市西城南5-47-8

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR