ラーメン¥550@しろがね

2012.07.10
DSC03645.jpg
しろがね
住所 〒327-0045 栃木県佐野市高橋町934−4
電話番号 0283-23-8811
営業時間 10:00~24:00
定休日 日曜日
席数 テーブル5卓(22席) 座敷10卓(40席)
喫煙 可
アクセス 国道50号線 高橋町交差点西
駐車場 あり(大型可)


今日は、妻と昼食をとるはめに…。
その前に、ブランチで一杯のラーメンを求め、9:56出発ヽ(=´▽`=)ノ
国道50号沿いなら、何処か朝からやってんべ! 車は快適なスピードで、東へ向かいます。
運が悪けりゃ死ぬだけさ~♪ 死ぬだけさ~~♪

DSC03644.jpg
小旅行かと思いきや、車を東へ走らせること5分ほどで、営業中の看板&ラーメンの暖簾を発見。さすが50号ヽ(=´▽`=)ノ 先の十字路でUターンし、10:08広い駐車場へ。年季を感じさせるロードサイドの一軒。店舗裏には広大な大型車駐車場。店内はかなり暗く、一瞬、未営業かと思いましたが、ちゃんと開く自動ドアw


DSC03648.jpg
薄暗い店内もかなり広め、厨房からおばさんが「いらっしゃいませ~。」と声を掛けます。どうやら一人で切り盛りされている様子。ほぼ中央のテーブル席に腰を下ろします。
DSC03649.jpg
見上げるとカウンター(使用不可)上には多数の“おかずメニュー”。
DSC03646.jpg
DSC03647.jpg
時間帯には、ドライバーさんでかなり混雑するのでしょうか?


DSC03650.jpg
お冷やを運んでくださったおばさんに、ラーメンをオーダー。すると、おばさん。
「佐野ラーメンですね!」
やたらに『佐野』を強調します。店頭の看板や、店内のPOPにも、やたらと『手打ち』の文字。まさか…。


テレビを眺めること7分、かなり色濃いスープの一杯が登場。
DSC03654.jpg
ラーメン¥550
微かに漂う豚臭、背油らしきものも確認できます。


早速、そのスープから。
DSC03665.jpg
ジュルルル~。ホウw 近隣のラーメンにくら比べると、割りとしっかりめの豚のコク。そこに強めのカエシと課長。ハッキリとした味わいのあるスープは、個人的に好きなタイプ。背油は具のチャーシューから崩れだしたもの、ライトで上品な、旨味と甘味をスープに足しています。
やや感じる酸味は、カエシから来るものか? それとも、スープが少し劣化しているのでしょうか^^;


お次は幅の揃った、縮れのある手打ち風麺を。
DSC03657.jpg
ジュルルルルル。オッ、フンワリした啜り心地に、優しいモッチリ感。ツルツルした舌触りで、スープの持ち上げも良好。まさか『手打ち麺』?


具には、メンマ、チャーシュー、ナルト、ワカメ。薬味の微塵切りネギ。
DSC03661.jpg
メンマは柔らかめで、味付けの濃いもの。独特の発酵風味もしっかりある、好きなタイプ。
DSC03663.jpg
バラ肉使用のチャーシューは、厚めのカットで、やや硬めながらホロホロと崩れるタイプ。脂身にも旨味(甘味)もしっかり残っていて、カエシもきっちり染み込んだ味わい深いもの。
DSC03666.jpg
朝一オーダーのためか、おまけでチャーシューの端も投入。嬉しいサーヴィスですw
DSC03662.jpg
ワカメの戻しもしっかりされていて、歯応えのきちんと感じられるもの。


カエシと課長がビンビン効いた一杯ですが、個人的には好印象な一杯。重労働なドライバーさんのニーズにも合う仕上がりではないでしょうか?


帰り際厨房を除くと、おばさんが麺を手揉み中。
DSC03667.jpg
麺箱には『開花楼(佐野市)』の文字。「自家製手打ち麺」ではないにせよ、おばさんの一苦労が、ラーメンを更に美味しくしていたことに感動してしまう珍コレでした♪



栃木県佐野市高橋町934−4
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR