ラーメン¥450@会沢食堂

2012.02.19
DSC02168.jpg
会沢食堂
住所 〒327-0511 栃木県佐野市会沢町432-1
電話番号 0283-86-3343
席数 座敷12席(3卓) テーブル12席(4卓)
喫煙 可


「謎の原人ラーメンは実在した!葛生奥地絶壁洞穴に黒い野人を追え!」

もうすでに絶滅したと思われていた“原人らーめん”が、更に葛生に存在するかもしれないとの一報を土建屋@まささんのブログからGET!!!

家から車を飛ばすこと30分、秘境に佇むこちらのお店に。
13:14入店、レトロを通り越した大トロな店内。
DSC02169.jpg



先客は5名と思いきや、皆さん慌てて厨房や勝手口に。どうやら皆さんお店の関係者の様子^^;

さて、問題のメニューに目を通します。

DSC02170.jpg

…ん? …ないよ…。原人…。
はい、全滅。と言う訳でデフォをオーダー。男性店主さんが調理を開始。麺でしょうか、厨房の更に奥の部屋から何かを持ってきました。麺打ち場?
店内観察をすると、『葛生原人ラーメン会』の会員写真を発見…。
DSC02171.jpg


待つこと5分、小さな丼に小さなチャーシューの、これまたノスタな面持ちの一杯が登場♪ カエシと言うより思い切り醤油の香りが鼻をくすぐります。
DSC02172.jpg


早速、濃い醤油色のスープを。レンゲは付かないので直接丼から。
ズズズズ~。 おおお、風味は鶏ガラがメインですが、弱めのコクと旨味は豚からの様子。かなり豚が煮込まれているのか、豚エキスのような独特な旨味も感じます。塩分は見た目ほど強くなく、課長も味を上手く整える程度に投入されている様子。深い旨味やコクはないものの、バランスの良いスープ。

DSC02176.jpg

お次は綺麗に幅が揃った、手打ち麺を。
ゾゾゾゾゾ~。ツルツル感や、モッチリ感は良い感じですが、加水の関係か、乾燥した気候のせいか、手打ちにしてはかなりポソポソした歯触り。手打ち独特のフワフワ感や、ニュルニュル感は全くなし。本当に手打ち(商工会のHPでは青竹で打っている画像が)?

具にはメンマ、ナルト、チャーシュー、海苔。薬味のネギ。
DSC02177.jpg
メンマはシワシワのシャクシャクコリコリタイプ。ややしっかりめの味付けで小ぶりなもの。

DSC02179.jpg

薄いスライスのロースチャーシューは、キシキシした歯応えで、濃いめの味付け。なんとも昭和を色濃く感じさせる仕上がり。
ネギは、かなり荒い刻み方w 甘味が強く風味が良いのは季節の関係でしょうか。


これと言った“美味しさ”は無いのですが、なんとも落ち着く一杯。ところで、本当に手打ち麺?


『葛生に原人は存在しなかった』このニュースが流れて久しいこの頃、存在の理由さえ失ってしまった“原人らーめん”w
そんな中、未だに“原人らーめん”を作り続ける店を、我々探検隊は探し求めるのだった…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR