ラーメン ¥470 @ 北京亭 本店

2017.06.18
20170618_121654.jpg
北京亭 本店
住所 群馬県太田市矢場町2707-2
電話番号 0276-46-8592
営業時間 11:00〜21:00
定休日 火
席数 テーブル16席 座敷15席




先日のお約束通り、北京亭本店です。



12:18到着、ほぼ満車の駐車場に何とか車をねじ込み入店。
20170618_121751.jpg
「いらっしゃいませ~~。」御家族でしょうか、3名で店は切り盛り。先客は4組7名と、かなりの入り。




座敷席に陣取りメニューをチェック。どの品も安いですね~♪
20170618_121747.jpg
おおお、1960年創業ですか。




“担々メン”も気になりましたが、矢場新町店と比べるべく、デフォの“ラーメン”を、お冷を運んで下さった綺麗な娘さんにオーダー。
20170618_121942.jpg




注文が重なった為か、8分程掛かってラーメン配膳。
20170618_122735.jpg
ラーメン ¥470




早速、色濃いスープから。
20170618_122835.jpg
ジュルルルルルルルル~。やはり、ジンワリw
ベースのメインは動物系ガラに野菜でしょうか、鶏ガラの風味が前に来ますが旨味は薄め。その代わりコクはややシッカリめ。カエシの効かせ具合もマイルドで、非常に大人しい味わい。課長のサポートもあるようですが、もう少し旨味が欲しいところ。あと、鶏ガラ以外にもなにか不思議な風味が…??? 判りませんm(_ _"m)ペコリ




お次は、緩いウェーブの細麺を。
20170618_122821.jpg
ゾゾゾゾゾゾゾゾ~。良い口当たり♪
表面のツルツル感・細さ・ウェーブは、非常に良い口当たりを表現。プチプチした歯触りや、弱めながらモッチリした歯応えも存在。麺自体の味わいは弱いのですが、喉越しで感じるコクは中々。
昔ながらの美味しい細麺、麺量が多めなのも嬉しいところ。




具には、メンマ、チャーシュー、ナルト、ワカメ。薬味のネギ。




20170618_122800.jpg
やや細めのメンマ。歯触りを残しながらも柔らかめな仕上がり。味わいは濃いめなのに、味付けはスッキリ。




20170618_122812.jpg
ロース使用のチャーシューは、キシキシポロポロの食感。肉本来の味わいの薄い、出涸らしタイプ。カエシの染み込みは程良いのですが、微かに匂う獣臭。




20170618_122807.jpg
かなり薄切りのナルト。ペラペラですが味わいは中々。




20170618_122754_001.jpg
ワカメは肉厚で,歯触りのしっかりあるもの。





麺の食感は好みなタイプですが、もう少しスープに輪郭が欲しい仕上がり。
ただ、60年近い店の歴史が、このジンワリとした優しい味わいを醸し出しているかと思うと、とても感慨深い印象も。

これからも末長く、営業してくださいm(_ _"m)ペコリ





スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR