ラーメン ¥480 @ 弘王飯店

2017.07.18
20170718_111943.jpg
弘王飯店
住所 〒374-0041 群馬県館林市富士原町1241−191
電話 0276-73-8841




食堂芸人のランディです。



本日も館林の老舗巡り。何と創業50年のコチラへ。
20170718_111945.jpg
館林高校の隣りに店は存在。




11:20入店、先客は無し。「いらっしゃい!」男性店主さん1人で店は切り盛り。
20170718_112110.jpg
非常に古い店舗ですが、きちんと清掃され、清潔感すら感じさせるフロア。




入口付近のテーブル席に陣取ります。
20170718_112848.jpg




麦茶を運んでくれた店主さんに“ラーメン”をオーダー。
20170718_112205.jpg
麦茶が異様に旨いのは、館林の暑さのせい。間違いない…。




待つこと8分でアルマイトの盆に乗せられラーメン配膳。
20170718_112938.jpg
ラーメン ¥480
黒い…、黒いよ…。しかも、何にか酸っぱい香りが…???




早速、その色濃いスープから。
20170718_113015.jpg
ジュルルルルルルル。ん? 意外にマイルドw
ベースは鶏ガラ・豚骨に野菜でしょうか、それぞれの主張は控えめながらジンワリと感じられるコク。調味料の旨味のサポートは程良く効いていいて、少しラードも使用されているのか、ややオイリーな甘みのある旨味も存在。カエシは意外に円やかで、柔らかな印象の味わい。
香りに感じた酸味は全くなく、非常に優しいマイルドなスープ。




お次は、中細の縮れ麺を。
20170718_112957.jpg
ゾゾゾゾゾゾゾゾ~~。あ、スープに合う。
ツルツルの啜り心地に、ポソポソした歯触り。歯応えは弱く、柔らかめな仕上がりですが、スープとの相性も良く、意外に美味しい麺。カンスイと玉子(?)の風味もきちんと感じられもの。




具には、メンマ、ナルト、チャーシュー、海苔。薬味のネギ。




20170718_113004.jpg
小ぶりのメンマは、パリパリの歯切れの良い食感。味付けは意外に控えめで、甘味が気持ち前にくる仕上がり。




20170718_113028.jpg
厚切りのナルトはフワフワの歯触り。




20170718_112952.jpg
しっかりした硬さのロースチャーシュー。カエシの染み込み具合は程良く、臭みは全くないもの。




20170718_113100.jpg
白胡椒をタップリ乗せた海苔。とろけるほど柔らかく、味わい・風味は弱め。その分、胡椒の辛味が、全体の味を引き締める良い仕事。
酸味を感じる臭いは、もしかしてこの胡椒?





ラードの効かせ方が程良く、中々美味しい一杯。

しか~~~し、先客・後客が居なかった為か、終始鳴り止むことのない店主さんのマシンガントーク。
これぞ、食堂の運命(さだめ)。

食堂芸人冥利尽きる一軒でしたm(_ _"m)ペコリ 店主さん、何時までもお元気でヽ(=´▽`=)ノ





スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR