らーめん ¥550 @ れすとらん池

2018.02.18
20180218_135430.jpg
れすとらん池
住所 〒327-0835 栃木県佐野市植下町4007-5
電話番号 0283-24-5858
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
定休日 月曜日




☆RESTAURANT RAMEN☆



続きまして佐野市の未訪店へ。
20180218_142045.jpg




13:56入店、意外にこじんまりとした店内に、先客は無し。
20180218_135514.jpg
店内は池と言うよりジャングル。
In the jungle
Welcome to the jungle
お久しぶりです、ギルビー・クラークです。




「いらっしゃいませ~。」女性店員さんがお出迎え。
20180218_140712.jpg
入口横のテーブル席に陣取ります。




早速、メニューをチェック。
20180218_135528.jpg
洋食屋さんだけあって、ナポリタンやオムライスがラインナップ。




そんな中、“らーめん”がちょこんと存在。
20180218_135532.jpg
“らーめんセット”はなんとビール大瓶付き!?




お冷、オシボリを運んで下さった店員さんに、“らーめん”を当然ながら単品でオーダー。
20180218_135516.jpg




テレビを観ながら待つこと12分でラーメン登場。
20180218_140744.jpg
らーめん ¥550




先ずは、僅かに背脂を浮かべた、薄っすら琥珀色のスープから。
20180218_140859.jpg
ジュルルルルル~。お、非常にアッサリ。
コクはやや深めですが、旨味は薄目。その分アッサリと頂けるスープ。ベースは豚や鶏ガラの様ですが、どことなくポークエキスのような風味も…?塩分程よく中々なお味なのですが、なんでしょう全てがマスクされている様な味わい。




お次は、平打ち細麺を。
20180218_140836.jpg
ゾゾゾゾゾゾ~~。え!? 手打ち!?
かなりフワフワでソフトな食感。まるで森田屋足利店様な、歯のいらない程の柔らかさ。レストランなので、自家製手打ちとは考えにくく。製麺所が、このようなタイプの麺を提供しているのでしょうか。
一昔前の佐野ラーメンを思い起こさせる食感。美味しさを超えた懐かしさを覚えるもの。
昔はどこもピロピロだった…。




具には、メンマ、チャーシュー、海苔。薬味のネギ。




20180218_140800.jpg
かなりの柔らかさのメンマ。味付けは控えめですが、ピリピリした辛さのあるもの。




20180218_140808.jpg
モチモチの心地よい食感のチャーシュー。程良い味付けで、脂濃さや臭いのない仕上がり。もしかして自家製?




20180218_140817.jpg
柔らかめですが、溶け出さない海苔。味わいは弱めで、風味の映えるもの。




20180218_140753.jpg
風味・味わいの弱いネギ。シャリシャリの歯触りが印象的。





レストランで提供されるラーメンにしては、非常に手作り感のある一杯。昔懐かしい『佐野ラーメン』の面持ちも。

軽い興奮と共に頂いていると、ふと脳裏をよぎる疑念。
アレ? これって某おみやげラーメン似ている様な…。

きっと、気のせいです!





スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ランディ

Author:ランディ
楽しく食べる! それを基本に頑張りますwww



※うどんライク研究会…会員番号004
※北関東アブラー隊
※ピリカ会員…会員番号0079
※地鶏研研…会員番号№4
※カレーラーメン研究会会員
※『北関東のっけちゃえ系推進委員会』栃木支部マネージャー
※北関東イジラレ隊ヘタレンジャー…ヘタレッド
※『全日本マヨラー同盟』“北関東支部”部員
※「ラーショを愛する会」“栃木支部マネージャー”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR